根管治療って?

根管治療とは、「歯の根っこの治療のことを言います。」
細菌に感染し病気になってしまった歯質や神経を治療するものです。

深くなってしまったむし歯は、根管(根っこ)が病気になっている場合がほとんどです。
これを放っておくとどうなるか?

歯を抜かなければならない状態に陥ってしまいます。


根管治療の難しさ

歯の根っこの治療は、歯科治療の領域の中でも非常に難しいものです。

何故か?

根っこは、人それぞれ形も長さも太さも違います。 場合によっては、湾曲していて中が全然見えないケースもあります。

当院では、
・診査診断用として歯科用CTの導入
・精密な治療のためにマイクロスコープの導入
・治療には必ずラバーダムを使用しております

確実に根管治療を行うために、上記を使用して治療を行っています。

治療期間

根っこの治療は、時間がかかります。
何故ならば、病変になった部分の除去から根管内の細菌の除去を繰り返し行い、無菌化した状態まで続けます。

その後、根管内にお薬を詰めて終了となります。

根管の状態によりますが、早い場合ですと1~2回の来院で終了することもあります。

より精密な根管治療を行うために

当院では必ずラバーダムを使用して治療を行っております。
※ゴムを使用し痒がる方もいらっしゃいますので、当院では痒くならないラバーもご用意しております。

■ ラバーダムとは?

ラバーダム

ラバーダムと言われるゴム製のシートで唾液や細菌が入らないように行います。
歯を削ったときにでる、破片等の誤飲防止など様々な面でメリットがあります。
その場合、全ての器具は一度きりの使い捨てとなり、一回の治療に時間を掛けて処置を行います。

「マイクロスコープで見る歯の治療」

PAGE TOP